杭州桑拿娱乐论坛

を嫌うべきであるが、彼らを許さなければならない人々。
もちろん、渡辺健自身は良い人ではありません。
「これは一体何ですか?」西野一樹は尋ねました。それが今日来る理由です。
「心配しないで、話をする時間がたくさんあります。」
この瞬間、西野一樹は頬に深紅色を見ることができ、薄暗い光が降りてきて、別の感覚を反映しました。
彼女は伸びました。西野一樹を首で見ると、おびえた熟した果実のようにぶら下がっている一組のイヤリング
西野一樹にとって、今夜の橋本奈々はとても特別で、話し方、笑顔、彼女キャラクターはまた彼女に会ったようです。
第491章再発。
この瞬間、二人は少し酔っていて、頭の上の薄暗い光に照らされた人々は、まるで最初の日光を浴びているかのように暖かいです。
西野一樹このように橋本奈美を初めて見た時は、二人の仲良くなり方も変わってきました。
距離は近いようですが、不明な点もあります。
「後で事務所に来たい」。「良い雰囲気を生かして、西野一樹は前の質問を再び提起した。
橋本奈々は髪の毛を優しくいじって耳にしっかりと垂れ下がらせた。
「人と仲良くするより本を読むのが好きです。本を読むと、映画のように周りの現実がだんだんと消えていきます。私は二人きりです。何よりもこの気持ちが好きです。」私はため息をつきました。「でも、ここに住んでいると、一人でいることはできません。人々は常に同じ種類の他の人々と連絡を取り、コミュニケーションやコミュニケーションの中で自分の生き方を選択します。それは気が進まないか、嫌なことですが、私はこれをしなければなりません。 「
西野一樹は静かに耳を傾けた。今夜の橋本奈々はこれまで以上に感情的だ。彼女は心に打ち明け、またため息をついた。
」それらのことを言った同僚は嫌いですが仕方がありません。彼らは生き残るために嘘をつきます。 「いろいろなことをしなければならない」と彼女は続けた。
「これはあなたの立場だと思います。私の観点からすると、私があなたなら、彼らは謙虚でありながら自己正義の貧しい生き物の集まりだと思います。 「
西野一樹はうっとりと笑った。「やらなきゃいけないとため息をついたけど、選択的にやろうとは思ってもみなかった。自己中心的、自己正義の団結と他人の拒絶」
橋本奈々は最後に笑った。発言。
「あなたはより多くの話をするように見える、右の?」
「それは私があまりにも多くを飲んだことがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です